人工知能で都市を管理統制するアリババの試み、その裏側にあるリスクと「技術の倫理」

中国のアリババが、人工知能(AI)で都市を管理統制するプロジェクトをマレーシアに展開する。すでに杭州市では交通渋滞が緩和された実績がある一方で、収集された膨大なデータにはプライヴァシー侵害やハッキング、情報流出のリスクがある。商業利用の可能性もあるなか、どこまで「技術の倫理」を徹底できるのか。 TEXT BY ABIGAIL BEALL TRANSLATION BY MAYUMI HIRAI/GALILEO Read more on Wired Japan